腸研究サイト

瀕死の子猫の命を救ったボランティアと乳酸菌のストーリー

瀕死の子猫「プッチ」がボランティアの手で救出された。獣医と相談して、通常なら抗菌薬を投与するところを「ある乳酸菌」を与えた。 プッチは奇跡的に息を吹き返す。 「ある乳酸菌」は北大発ベンチャー認定企業が開発した「ライラック乳酸菌」だった。 ライラック乳酸菌は少ない菌数で腸内の環境を整えて、悪玉菌を抑える。 さらに腸の回復に必須の短鎖脂肪酸をつくる腸内環境を整える。